1歳児 おもちゃ

人の物が欲しくなる特徴がある

1歳児は自分の欲求を満たしたいものは、満たすといった成長過程でしょう。

 

それが自我だと思います。

 

お友達と遊んでいて、お友達のおもちゃを奪ってしまう、

 

お友達が新しいおもちゃで遊んでいると、それが欲しくなり奪ってしまう・・・

 

個人差はありますが、人のものが欲しくなるのが、自我のひとつです。

 

 

 

うちの息子は、取られる方でした。

 

取られて泣くのがいつものパターン、

 

おもちゃの取り合いが出来るほど強気ではないのでしょうね。

 

 

貸し借りという概念を教えてあげる

おもちゃの取り合いでもめているときは、親がお手本になり、貸し借りを教えると良いでしょう。

 

1歳児は”貸して欲しい”という概念がありませんから、親が教えてあげるしかないでしょう。

 

 

 

「お友達が遊んだら、次貸してもらおうね」など言葉で言っても

 

全く聞いてくれないときは、

 

「みんな使いたいんだから、もう少し待っていようね」など

 

他の言葉がけをしましょう。

 

 

 

お友達にも、「遊んだら、次貸してね」など声がけをするときっと貸してくれるでしょう。

 

貸してもらって嬉しかったという気持ちを教えてあげると

 

心優しい子になってくれると思います。

 

 当サイトの人気記事ベスト3


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク

めんどくさい1歳児の育児方法-現役ママが語ります