1歳児 おもちゃ

飲み込める大きさの物には注意を

1歳児,おもちゃ

1歳児にもなると、おもちゃの好き嫌いがだんだんと出てくる頃ですね。

 

そして、この頃はまだ、何でも手にしたものは、口に入れたがるので、

 

誤飲につながるおもちゃには注意しましょう。

 

 

 

小さなおもちゃは与えない方が良いでしょう。

 

大きめなおもちゃでも、小さな部品があったり、

 

小さな部品が、取り外し出来るものは避けましょうね。

 

 

 

1歳児のおもちゃは、片手でも持てる位の大きめの

 

ブロックや、ぬいぐるみや、ミニカー、楽器が良いでしょう。

 

 


お気に入りのものを見つけてあげよう

この頃は、噛み切る癖がある子もいるので(実際にうちの息子が噛み癖がありました)、

 

弱い布で出来たぬいぐるみはボロボロになるかもしれません。

 

楽器の付属品でバチなどの、口に入る長細いものは気を付けて下さいね。

 

1歳児は、まだ口に必ず入れますので、素材もしっかり吟味しましょうね。

 

 

 

1歳児後半になると、気に入ったおもちゃは、

 

どこにいくにも連れて歩きたいらしく、お気に入りのおもちゃは、長続きしますよ〜。

 

 

 

うちの子は、スティッチとアンパンマンのぬいぐるみと、

 

消防車と救急車とパトカーのミニカーを常にお気に入りの袋に入れて、遊び歩いていました。

 

 当サイトの人気記事ベスト3


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク

めんどくさい1歳児の育児方法-現役ママが語ります