学資保険 損?

あなたの学資保険選び間違っていませんか?

入学式

子供が生まれたときに加入するか考える学資保険ですが、保険会社によって返戻率や補償内容が違います。

 

大学入学時期などの満期になっても支払った保険金額の80%しか戻ってこない商品もあれば、110%になって戻ってくるものもあります。他にも親の死亡補償が付いているものなどいろいろありますが、返戻率が100%を超えるということは支払った金額よりも多く戻ってくるわけです。

 

 

つまり・・・資産が増えることになります。

 

 

こういった部分を上手く使わない手はありません。生命保険や医療保険など各家庭によって加入している保険は様々です。例えば、医療保険に入っていれば学資保険には医療補償プランは必要ないです。

 

ですから、あなたの家庭に合った学資保険を選ばなければ損をしてしまいます。損をしない為には、あなたの家庭専用のプランを考え計算してくれたり、お得になる保険を教えてくれる専門家が必要です。

 

保険に詳しいファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスしてくれるサービスがあるので、そういったサービスを上手く使うのが賢い資産運用のコツとなるでしょう。

 


学資保険は早く入っていたほうがいいの?

学資保険に入るのであれば、早ければ早いほうがいいとされています。

 

なぜなら、大学に進学するのは18歳だからです。浪人したとしても19歳です。この年齢は決まっています。子供が0歳の時から保険を支払うのと、10歳になってから学資保険に入るのとでは、同じ金額を支払うにしても毎月の支払い額が全く変わってきます。

 

当然、加入が遅ければ遅いほど負担額が増え家計を圧迫します。

 

ですから、同じ商品に加入する場合でも、早く入っていたほうが楽に学費を貯めることができるのです。どの学資保険が良いのかは家庭によって変わるので、専門家にアドバイスしてもらうのが確実ですよ。

 

矢印 専門家がおすすめの保険おしえます!(無料で)

 

 

 

 当サイトの人気記事ベスト3


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク

めんどくさい1歳児の育児方法-現役ママが語ります