1歳児 言葉

親の言葉も理解できている?

1歳児,言葉

1歳になる頃には、「ママ」「パパ」「ぶーぶー」「ワンワン」など

 

1つ2つ、意味のある言葉を発すると思います。

 

中には2歳近くまで、ほとんどしゃべらない子もいるようですので、

 

あくまでも目安ということでお話しますね。

 

 

 

1歳3ヶ月ころには、「ママ」の意味や「パパ」の意味、

 

「ブーブー」や「ワンワン」の意味を理解できるようになります。

 

犬がいる、犬が怖い、犬が可愛い、など全部が「ワンワン」で表現されます。

 

「ドアを閉めて」「ボールを頂戴」など

 

ママが言っている言葉はなんとなく理解できているようですよ。

 

 


半年経つとさらに話せるように

1歳半ころには、単語をいくつか話せるようになるでしょう。

 

ママが、「ママのめめはココ」「ママのお口はココ」など話しかけてあげ

 

単語を話すきっかけを作ってあげましょう。

 

 

 

1歳9ヶ月ころには、「これは何?」と聞くと「ワンワン」など

 

質問に答えてくれるとお思います。

 

「ワンワン、ネンネ」とか「パパ、バイバイ」など単語を並べることも出来る頃です。

 

 

 

参考までに、うちの息子は2歳になるころに、

 

「ワンワン、バイバイ、マンマ、ネンネ」(犬が帰って、ご飯食べて寝る)とか

 

「おーちゃん、バス、バイバイ、カーイ、ブーン」

 

(お父さんがバスで会社に行った)とかしゃべっていましたよ。

 

 当サイトの人気記事ベスト3


 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク

めんどくさい1歳児の育児方法-現役ママが語ります